未経験でも料理人を抜け出せる!飲食→他業種の転職エージェント厳選3社

  • 料理人の将来が見えない
  • 思っていた職業と違った
  • 体力的にこの先もずっと継続できない

料理人の世界を続けていくことに希望を見いだせなくなった方はたくさんいます。

その上で、転職するにも不安は尽きません。

  • 得られる収入がわからない
  • 固定費(家賃など)が払えるのか
  • 料理以外の仕事にどんなものがあるのか想像できない

では、次の働き口を一緒に探してくれる・転職時の給料の交渉をしてくれる・自分にどんな仕事が向いているか教えてくれる。

こんなサービスがあったら、現状のままの生活を続けるでしょうか?

もし「続けない」という選択が出たのであれば、ぜひこの記事で紹介する「転職エージェント」を参考になさってください。

そもそも転職エージェントとは?

転職エージェントと耳にしたことがある肩はいるかもしれませんが、転職サイトとは一体何が違うのでしょうか?

転職サイトとは、自身で条件などを打ち込み、数ある案件の中から、自分が求める就業先を見つけるものです。

転職エージェントとは、求職者1人に対して1人のキャリアアドバイザーが担当としてつくことで、求職者の転職やキャリアアップの相談に乗ってもらえるサービスです。

そして、エージェントへの報酬は全て雇用側(企業)から支払われるので、求職者が使用するのは無料である場合がほとんどです。

転職エージェントは学校でいう「進路相談室」のようなもの。また、企業側から報酬を頂いているので利用者の負担は一切なし

 

料理人が別業界に転職する際に考えるべき3つのこと

今回、転職を考える方に参考にしてほしいのは、以下の3種類です

  • 将来年収を予想できる診断付きエージェント
  • 住まいと就業先を同時に紹介してくれるエージェント
  • 飲食→別業種への転職実績No.1エージェント

これは全てが数ある転職エージェントの中でも料理人の方の為に厳選したものです。

今回紹介する条件として考えたのは以下の3つ。

  • 転職後の収入を予測できること
  • 転職においてその後の生活を保証できること
  • 実際の成約実績

収入、住まい、案件数。これらは全て、転職において重要視すべきポイントです。

このような言葉は聞こえは好ましくないかもしれませんが、「金は全てではないが、全てのことに金は必要だ」という言葉もあります。

収入がしっかりしていれば、避けられた問題もあるはずです。だからこそ、エージェントの方に相談し、自分ができることを伝え、正しい転職に向けて一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

 

 

自分の市場価値に合わせた求人を発見「MIIDAS(ミイダス)」

まず最初に紹介するのは、自分の市場価値から年収を診断して就業先を決める転職エージェント「MIIDAS」です。

MIIDAS(ミーダス)探す転職から探される転職へ!

ミイダスは見出すをもじっており、名前の通り「将来の道を見出す」という意味が込められています。

これまでの職歴や保有資格、職場での役職などから年収を算出します。

また、提示される年収は予想ではなく、実際にミイダスに求人を出している企業から提示されている年収なので、診断後にそのままエントリーを出すことも可能です。

また「飲食店勤務」というものは一括りにされがちですが、お店によってかなり顧客層や価格帯は違いますよね。

ミイダスは、現状の勤務先まで入力することが可能(もちろん就業先には一切伝わりません)で、顧客層や価格帯も年収

くわしくはミイダスで実際に診断を行った記事があるので、内容を詳しく知りたい方はこちらを併せてご覧ください。

【市場価値・年収】料理人の強みを知って他業種への転職を

ポイント

市場価値の計測と自分のできることを入力すると、無料で年収計算をしてくれる。その上、それをプロフィールとして企業からアプローチされる「待ち」の求人が可能

 

職業と住まいを同時提供の「TokyoDive」

続いて紹介するのが「生活を保証できること」が条件の転職エージェント「Tokyo Dive」です。

東京での就業と住まいを同時提供のTokyoDive

関東限定にはなりますが、就職先と同時に住まいを決めるところまで手助けしてくれる転職エージェントです。

もともとは東京に上京したい方に向けたサービスですが、Tokyo Diveはただ単に住まいを探してくれるだけというサービスではありません。

Tokkoy Diveが独自にレオパレスなどと提携しているので、収入に併せてシェアハウスか家具付きアパートにするかなど、細かく希望を伝えることが可能。

また、敷金礼金などの初期費用は一切不要、家具や家電がついている賃貸を選ぶことができます。

都内の引っ越しは一人暮らしであっても、初期費用だけで50万円程度はかかるとされています。

就業先を決めると共に50万円の初期費用を削ることができるのであれば転職に関しての悩みの半分以上はクリアできるのではないでしょうか?

住み込みなどで働いている料理人にとって、最もオススメできる転職エージェントです。

こちらもさらに詳しく紹介した記事を用意してあります。併せてご覧ください。

【料理人の転職】寮生活と調理場を同時に抜け出す唯一の方法

ポイント

職場と同時に住まいを見つけることができるので「新しい家を借りたけど職場が遠い…」などという問題がおこらない

 

飲食→別業種への転職実績No.1「リクナビNEXT」

言わずと知れた業界最大手の転職エージェント「リクルートエージェント」が展開する、業界最大手の実績を誇る転職エージェントです。

転職なら【リクナビNEXT】

なにを言おうがまずは転職先の案件をどれだけ抱えているのかが絶対条件です。

 

リクナビでは非公開求人(リクナビ独自の案件)だけでも8万件を保有しています。

公開求人を含めると約9万件を誇るリクナビにて転職の相談をすることで、まずは世の中にはどんな職種や働き方があるのかを知ることで、社会の全体像を把握するのは、転職において重要な項目と言えます。

そしてもうひとつの強みがキャリアアドバイザーの実績です。

圧倒的に件数をこなしている為、様々な求職者の相談に対応しているという経験値を持ち合わせています。

時間が少ない飲食人にとって、スムーズに案件の紹介を行ってもらえることは圧倒的な魅力と言えるでしょう。

転職業界の最大手なので、求人件数が圧倒的。また、人材紹介のプロなので対応もスマート

 

料理人を抜け出すための転職エージェント厳選3社まとめ

  • 自分の市場価値における希望年収に合わせた求人検索
  • このさきの生活までサポートを受けられる
  • 圧倒的な求人案件数と成立を誇る国内最大手

今回はこの3つのポイントを重要視して紹介させて頂きました。

収入、生活、就職先、この不安がもしなくなるのであれば、今のあなたはそれでも飲食業を続けますか?

もしここで「それなら辞めたい…」と、そう思ったのであれば、それはもう辞めるべきです

今、飲食で働いている理由が「生きる為の手段」になっているのであれば、飲食業は条件が悪すぎるからです。

あなたの、次の一歩の力になってくれる転職エージェントは存在します。

ぜひ、次に求めるステップに合った転職エージェントを選んで相談してみてください。

・自分の市場価値を知って適切な転職

・住まいと職を同時に見つけるなら

・転職エージェント最大手

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です