【市場価値・年収】料理人の強みを知って他業種への転職を

「飲食業を抜け出したい」

「他の職業も体験してみたい」

「長く続けられる仕事がしたい」

残念ですが、料理の道を志した人の中でも、このような思いを持っている料理人の方が多いのは事実です。

それでも現状から抜け出せないほとんどの理由には、間違いなく「自信」が関係しています。

 

料理人が他業種に転職する際の大きな悩み

自分の今後に不安を抱いていたり、自信がなかったり、料理人の方が抱える転職への悩みは様々です。

  • パソコンが使えない
  • 英語が喋れない
  • 料理以外の資格を持っていない

他のことには目もくれず、料理に打ち込んできた人ほど、このような不安材料は間違いなく存在します。

 

では、どうすればこの「不安」を解消できるのでしょうか。

正直、このまま目の前の仕事にただ夢中になるだけでは不安を払拭するのは難しいです。

それは目先の不安を「見ようとしていないだけ」なので。

 

転職の際に一番に必要になってくる視点は、市場における「自分の立ち位置の把握」です。

 

自分のスキルや人間としての市場価値はどのくらいなのか。
自分の市場価値を客観的に把握できる人は、就職活動や実際の面接の場面において自信を持ってアピールすることができます。

 

料理人が持つ他業種では得られない圧倒的な「強み」

では料理人においての市場価値を図るための材料とは一体どういったものなのでしょうか。

もちろん「調理師」などの資格もある一定の職種では活かすことが可能です。
しかし、調理における知識を示す「調理師」の資格は最大の強みではありません。

料理人において最大の強みは間違いなく「要領の良さ」です。

  • 仕込みの段取り力
  • 準備と即興仕事の時間配分
  • 加熱中に食器や装飾品の準備をするマルチタスク処理

上記のような要領の良さは一般企業において重要な能力です。

そして料理人の仕事をこなす為の要領の良さや集中力は、現実社会においてとても重要な価値を発揮します。

 

料理人の強み「要領の良さ」を一般企業で活かす

一般企業で必要な営業力やPC能力は全て、後々となれば習得可能です。

そして能力を習得するまでの工程に、間違いなく料理人の要領の良さは関係します。

  • 午前中に済ませておくべき仕事は何なのか
  • 営業先に持ち込む資料はどのタイミングで用意(仕込み)する時間を確保するのか

このように、料理人の仕事は必ず他業種の役に立つのです。

実際に企業で要領の良さを活かして勝負するには、さきほど説明した「自分の立ち位置の把握」、つまり自分の市場価値を知ることで自信を持って転職できるようになるのです。

 

自分の立ち位置を把握することが圧倒的な近道になる理由

企業が求める人材は、もちろんのことながら戦力になってくれる人間です。

そして料理の世界でも理解できる部分があると思いますが、料理ができる人間より現場の状況理解をできる人間のほうが、調理場に来る新しい人材として迎えたいはずです。

これは企業も変わりません。

しかしヘッドハンティングでないかぎり「即戦力」になるのはどの企業でも基本的には難しいのです。

 

では、企業が求める人材とはどういうものなのか。

企業が求める人材とは、自分を理解して会社内において必要な立ち回りを考えられる人間です。

立ち回りを理解する能力は、料理人の全てが持っている「資質」なので、料理人は企業から必要とされる人材と断言できます。

だからこそ全ての料理人に自分の「市場価値の高さ」を理解してほしい。

でも、これをただ口で説明されてもなんとなく実感は沸かないと思います。

  • じゃあ実際どんな会社に行けばいいのか?
  • 実際いくらくらいの給料がもらえる人間なのか?

 

こんな悩みを解決する為のツールが市場価値診断ツール「MIIDAS(ミーダス)」です。

 

自分の市場価値を図る為の無料診断ツール「MIIDAS(ミーダス)」

MIIDASは、利用企業6,500社・利用ユーザー12,000人を超える転職サイトMIIDASが無料で提供している無料診断サービスです。

現在の自分の職種や勤め先、立場などを伝え、年収計算してくれる年収診断サービスを提供。希望の企業があれば、そのままマッチングを図ってくれます。

MIIDAS(ミーダス)探す転職から探される転職へ!

深く言えば、希望の給料を提示してくれる企業とマッチングしてくれる転職サイトなのですが、まずは年収診断で自分がどれほどの年収を得られる市場価値を持った人間なのか調べることが可能です。

 

MIIDASの市場価値診断サービスとは

  • プロフィール
  • 職務履歴
  • 実務経験
  • 語学・資格

こちらの4項目についての5分程度で終わる質問に答えていきます。

勤めていた会社名も質問されるのですが、個人店でない限りはしっかりと名前が出てきます。顧客層まで質問され、その都度年収なども変わってくるので、より深い診断が可能。

これが実際のぼくの診断結果です。

給料が安いとされる料理人が630万円の年収を得られる。正直信用しがたいと感じるかもしれません。
しかしこれは求職者に対して転職サイトが転職を促す為の自信を持たせるためのまやかしではありません。

写真にある通り、実際のスキルに合わせた希望の給料とマッチングする会社も提案してくれます。

 

自分の市場価値を知ることで次の一歩が軽くなる

自分の市場価値を知るというのは正直、怖いかもしれません。

しかし、自分の向かう先が客観的な数値で見ることができるようになることで、間違いなく一つの「指標」となります。

料理人を離れたいと思ったときの一番最初に「指標」を手に入れられるということは「コンパス」を手に入れることと同意義です。

  • 希望する職業でのお給料を知る
  • 就職先を決めるときの給料の基準にする
  • 現在の収入としっかり比較する

こうして、現状と将来の「距離」をしっかり知ることで、間違いなく自分の「新しい一歩」は踏み出せます。

 

自分の立ち位置を知って、適材適所を知る

これまで不安に狩られていた思いを払拭するのは、間違いなく小さな一歩の積み重ねです。

自分が歩く道をわからないこと、方角を知らないことは恐怖や不安につながります。

だからこそ、まずは自分を知ることで、現実的な向かう先、つまり「適材適所」を知ることができるのです。

その一歩を踏み出す為、まずは自分の「市場価値」を知ることから一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

MIIDAS(ミーダス)探す転職から探される転職へ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です