【まとめ】料理人になりたい?どんな仕事があるのか知ろう!

「料理人になりたい」

こう思ったとき、頭に思い浮かべる理由はどういったものがあるでしょうか?

  • 料理が好き
  • 料理を通して人を笑顔にしたい
  • 食事の大切さを伝えたい

などなど、様々な理由はあると思います。

では、料理人になりたいと思った時にイメージできる職業はなんでしょうか?

「料理人=飲食店のスタッフ」というわけではありません。

*料理人とは料理を仕事にする人のことを指し、調理師は資格を有する料理人を指します。

今回は「料理」と関わるお仕事を3つのジャンルに分けて一挙にご紹介します。

 

料理人のお仕事21選

料理のお仕事といっても種類は様々。お店に立つ仕事から、資格が必要なもの、料理の技術を伝えるものまで、様々です。

  • 飲食業
  • 特殊な資格がいる職業
  • 店舗に立たない飲食業
  • その他の飲食業

この4つに分けてご紹介します。

資格がなくてもはじめられる飲食業

まずは一番イメージがしやすい「飲食店」から。

板前

和食調理全般を担う料理人。料亭、割烹、旅館などの場でお刺身・てんぷら・煮物などの、会席料理や一品料理を提供する職業を指します。

板前が関わる職場

料亭、割烹料理屋、小料理屋、旅館、ホテル

 

寿司職人

後述しますが、厳密に言うと板前と寿司職人は違います。

和食全般を扱う「板前」の中に「寿司職人」という独立したジャンルがあると思って頂ければ問題ありません。

板前といえば寿司を握れる訳ではありません。

寿司職人が関わる職場

寿司屋、ホテル

 

シェフ

シェフが表すのは西洋料理の料理長です。

西洋料理とは広義に表現されており、日本や中国などの「東洋」と対置されている国の料理全般を指します。

日本で認識されている西洋料理だけでも多数あります。

  • フランス料理
  • イタリア料理
  • スペイン料理
  • ドイツ料理
  • ロシア料理
  • イギリス料理
  • アメリカ料理
  • アイルランド料理
  • スイス料理
  • ポルトガル料理
  • ギリシア料理
  • トルコ料理

シェフとは、この西洋料理全般の中での「料理長」を指す言葉です。

*コックと同意義に見られやすいのですが、コックは「cook」の意味。つまり料理人全般を表す言葉

シェフは西洋料理のコック長のこと。板前で言うところの板長を指します。

 

コックが関わる職場

レストラン、ホテル、ビストロ、バル(バール)、トラットリア、ブラッスリー、リストランテ、オステリア、グランメゾン

 

中華

北京・広東・上海・四川などに代表される各種中華料理の調理を行う料理人。

強い火力で食材の持ち味、色、栄養を失わせずに調理することも特徴。

高級中華料理店で調理する料理人もリーズナブルなラーメン、餃子、チャーハンなどを作る人も「中華」の料理人と呼ぶ。

 

中華の一例

飯店、酒家、ホテル

 

パン職人

〇〇ベーカリーなどの店舗でパンを作る人の他、大手のパンメーカーで開発から生産に関わる人のこともパン職人と呼ぶことができます。

飲食業の中でも、朝が早く終わりも早いのが特徴です。

 

パン職人が関わる職業

パン屋

 

和菓子職人

日本の伝統文化として、茶道とともに発展してきた職業。

和菓子の主役とも言える餡(あん)を構成する、小麦・いんげん豆などの豆類や、小麦粉・上新粉・白玉粉・きな粉・わらび粉など、様々な粉類も扱う。

大まかに分けて、干菓子と生菓子に分けられる。

 

和菓子職人が関わる職業

和菓子店

 

パティシエ

フランス語本来の言葉の意味から表現すれば、男性の菓子職人を指す。

*女性の場合はパティシエール

日本語の意味としてケーキ職人やお菓子職人を指す。

現在では洋菓子全般を作る人のことをパティシエと呼びます。

なお「ショコラティエ」はフランス語で「チョコレートを作る職人」のことを指します。

 

パティシエが関わる職業

パティスリー、菓子作り講師

 

特殊な資格によって成り立つ職業名

続いては現場の仕事とは関係なく、資格によって成り立つ職業名の紹介です。

調理師

調理師(ちょうりし)は、食品の調理技術の合理的な発達を図り、もって国民の食生活の向上に資することを目的とするための日本独自の国家資格であり、調理師法に基づき都道府県知事が行う調理師試験に合格し、各都道府県の調理師名簿に登録された者を調理師(調理士)と呼ぶ。名称独占資格(有資格者以外はその名称を名乗れない資格)である。但し、「調理師」資格を持っていなくても、業務として調理することは可能である。

引用元:調理師 – Wikipedia

食事のジャンルなどに応じて「シェフ」や「板前」などと呼ばれることもありますがこれらの「料理人」と呼ばれる職業の人が全員「調理師」ではありません。

料理人としての仕事自体は無資格でできますが、「調理師」を名乗れるのは国家試験に合格した人のみ。

調理師資格を取得する方法は2種類。

  • 国が認可した調理師学校を卒業する
  • 調理実務を2年経験し、年に1回の筆記試験を受験し合格する

いずれかの条件を満たした人は「調理師免許」を保有することができ「調理師」を名乗ることができます。

 

ふぐ調理師

ふぐ調理師の免許や資格は各都道府県が個別に定めており特段の定めのない限り当該都道府県内のみでしか通用しないため、都道府県をまたいでの就職・調理については変わった先の都道府県で新たに資格を取得する必要がある。

引用元:ふぐ調理師 – Wikipedia

テトロドトキシンという猛毒を持つ、フグを調理し提供できる資格。

各都道府県によってルールが異なる為、調理先都道府県が変わった場合は再取得する必要がある。

各都道府県によって、試験の難易度も大きく異なる。

東京のふぐ免許試験が全国で一番難しいと言われている。

 

栄養士

「栄養士」の名称を用いて栄養の指導に従事することを業とする者で、厚生労働大臣かの指定した栄養士養成施設あるいは管理栄養士養成施設において2年以上栄養士としての必要な知識及び技能を修得し、都道府県知事の免許を受けたものを指し、栄養士法により定められた国家資格である。
<中略>
栄養士の免許を有する者、もしくは管理栄養士養成施設(四年制大学、四年制専門学校)の卒業生でなければ、管理栄養士国家試験を受験することができない。
栄養士の免許を有する者でなければ、栄養教諭免許(専修、1種、2種)を得ることができない。そのため、栄養士免許を取得できない教育学部では、栄養教諭免許(専修、1種、2種)を取得することはできない。

引用元:栄養士 – Wikipedia

上級資格として管理栄養士・栄養教諭免許が存在する。

学校や病院などの施設を中心に、食事の献立の考案や、管理・提供を行う仕事。

大型の施設では、何百人単位の大量調理を行うことも多いため、それに伴う知識や技術も必要とされる。

 

専門調理師・調理技能士

専門調理師
調理師法第8条の3において、調理師の資質の向上のための調理技術に関する審査が規定されている。この審査は「技術審査」と呼ばれ、「技術審査試験」(学科及び実技試験)により行われる(調理師法施行規則第15条)。
技術審査に合格すると、技術審査試験の実技試験において選択した試験科目(日本料理、西洋料理、麺料理、中国料理、すし料理、給食用特殊料理)に応じた名称(日本料理専門調理師、西洋料理専門調理師、麺料理専門調理師、中国料理専門調理師、すし料理専門調理師、給食用特殊料理専門調理師)を称することができる。
調理技能士
国家資格である技能検定制度の一種で、職業能力開発促進法第47条第1項による指定試験機関(公益社団法人調理技術技能センター)が実施する調理に関する学科及び実技試験に合格した者をいう。職業能力開発促進法により、調理技能士資格を持っていないものが調理技能士と称することは禁じられている。等級の区分がない単一等級である。
受験者は、日本料理調理作業、すし料理調理作業、西洋料理調理作業、中国料理調理作業、めん料理調理作業、給食用特殊料理調理作業の中からいずれか一つの科目を選択する。
調理技能士は職業訓練指導員 (日本料理科)、職業訓練指導員 (西洋料理科)、職業訓練指導員 (中国料理科)の実技試験と、学科試験のうち関連学科免除資格になっている。その他、単一級は調理師養成施設における「食文化概論」、「調理理論」、「調理実習」の教科課目の教員資格が得られる。

引用元:専門調理師・調理技能士 – Wikipedia

調理経験が8年、もしくは専門学校を卒業して6年。また、その期間内に調理師免許を保有していた期間が3年以上になると受験資格を得られる。

調理師免許の上位資格。

 

専門調理師・調理技能士が関わる職業

調理師学校教員

 

菓子製造技能士

菓子製造技能士(かしせいぞうぎのうし)とは、国家資格である技能検定制度の一種で、都道府県知事(問題作成等は中央職業能力開発協会、試験の実施等は都道府県職業能力開発協会)が実施する、菓子製造に関する学科及び実技試験に合格した者をいう。 なお職業能力開発促進法により、菓子製造技能士資格を持っていないものが菓子製造技能士と称することは禁じられている。
1級合格者は職業訓練指導員 (パン・菓子科)の実技試験と学科試験の関連学科が免除され、2級合格者は実技試験が免除される。その他、製菓衛生師試験の試験科目の内、「製菓理論」と「実技」が免除される。

引用元:菓子製造技能士 – Wikipedia

調理師免許同様、菓子職人になる為に資格jは必要はないが、菓子製造技能士を名乗ることができるのは資格保有者のみ。

 

菓子製造技能士が関わる職業

パティシエ、和菓子職人

店舗に立たない料理人

その他、調理に関わる仕事はなにも、飲食施設だけには止まりません。

 

出張料理人

和食、洋食に多く見られる出張料理人。まだまだグレーゾーンとされている仕事のように思えるが、はっきりとした決まりがある。

  • 国に認可された調理施設で仕込み、保管を行う
  • 全ての調理工程(仕込み、保管、調理)を出張先で行う

このどちらかを満たしていれば問題ない。調理師同様、免許がなくても出張料理人になることは可能。

 

料理研究家

料理研究家(りょうりけんきゅうか)とは、一般に料理について研究し、人々に伝達する専門家である。伝達は料理教室、料理本(レシピ集や料理文化紹介など)の執筆、あるいは料理番組などマスメディア出演を通じて料理を指導することで行われる。一般大衆を対象とする場合と調理師などプロを対象とする場合とがある。また、料理の歴史、文化的側面や科学的側面を考究する者(広義に解釈すれば食物史家や料理記者などもこの範疇。「料理評論家」として区別する事もある)のように、自ら職業として料理する機会のない者を指すこともある。

引用元:料理研究家 – Wikipedia

特殊な免許は必要なく、自ら名乗るもの。

 

料理研究家が関わる職業

料理関係の書籍出版社、コメンテーター、ライター

 

料理教室講師

特殊な資格は必要なし。

 

料理教室講師が関わる職業

料理教室

 

調理師学校講師

専門調理師・調理技能士の資格を保有しているものしかなれない。

調理師養成施設助手の資格を取得することによって、調理師学校教師の助手となることも可能

 

その他の料理に携わる仕事

直接調理に関わる職業だけでなく、食材や見せ方に関わることで料理と関わる職業や資格も存在します。

 

野菜ソムリエ

野菜ソムリエ(やさいソムリエ)は、一般社団法人日本野菜ソムリエ協会(旧名称:日本ベジタブル&フルーツマイスター協会)が認定する民間資格。野菜や果物の目利き、栄養、素材に合った料理法などの専門の知識を持っていることを認定する。上位資格である野菜ソムリエプロ、野菜ソムリエ上級プロは、専門知識に加えて青果物の生産や流通分野にも精通し、国際社会における日本の農業の現状と課題を考察する知見を有する。

引用元:野菜ソムリエ – Wikipedia

野菜ソムリエの資格を得るためには、日本野菜ソムリエ協会の野菜ソムリエ講座を受講し、試験を受けることが必要です。 講座の入会金は10,800円、受講料(初回試験料含む)が137,200円、総額では148,000円(すべて税込・2017年3月現在)がかかります。

 

野菜ソムリエが関わる職業

料理研究家、料理教室講師、ライター、コラムニスト

 

フードコーディネーター

フードコーディネーターは、NPO法人日本フードコーディネーター協会が認定する民間資格。資格を取得するためには、資格認定試験に合格しなくてはならない。1級から3級までの等級がある。
フードコーディネーターは「食」に関連するあらゆるビジネスを効果的に演出し、コーディネートする。一例として朝食のシーンをフードコーディネーターが演出する場合には、朝食シーンの背景、目的からその場にふさわしい朝食メニュー、必要な食材、朝食を盛り付ける器、テーブルを飾る花やテーブルクロスといった食事そのものだけではなく、「食」を囲む小物や空間全体をトータルにコーディネートする。また、実際の食事シーンそのものだけではなく、「食」を取り扱った出版物の編集、CMの製作、料理店の新メニュー開発、料理店のプロデュースなど、関連する周辺まで演出に携わることがある。

引用元:フードコーディネーター – Wikipedia

フードコーディネーターが関わる職業

飲食店メニュー開発、コンサルティング、メディアでの演出補助(料理番組、料理動画)、食品メーカー、料理教室講師、インスタグラマー、講演会スピーカー

 

どんな職場があるのか、専門家に聞いてみよう!

料理に関する仕事は飲食店で働くことだけではありません。

もちろんここで紹介したのは代表的な一例であり、料理に関する仕事は様々な求人が存在します。

自分がどんな料理人になりたいのか、料理を通してどんな仕事に就きたいのかは、実際のキャリアアドバイザーに相談するのが一番の近道です。

私がオススメするのは転職エージェント。

転職エージェントとは、ただコチラで転職サイトを眺めるのではなく、担当者がついて相談に乗ってくれる会社です。

また、飲食店専門の転職エージェントも存在するので、自分が働きたいお店や条件をまずはエージェントに相談してみることです。

専門家として業務に携わっているので、ヘタな料理人よりも料理業界の流れには詳しいです。

また、転職エージェントは求人会社から出資を得ているので、求人者の利用は無料です。

 

5年先を見据えたキャリアサポート「フーズラボ」

私が一番に薦めるのは「5年先の明るいキャリアを考えてサポート」を掲げる「フーズラボ」です。

求人先から出資を得ている以上、人材を求人会社におくる事で経営が成り立っている転職エージェントですが、フーズラボはそこに焦りがありません。

長期的な目線で求人会社と求職者をつなぎ合わせることを目的としているので「とりあえず送り込む」ということが一切ないのです。

フーズラボの特徴は大きく分けて3つ

  • 独自非公開求人案件の紹介
  • 独自レポート&体験入店
  • 登録から入社までの一通りサポート

上記ような独自のサービスで、よりリアルな「現場の空気」を伝えることで、求職者と求人側、それぞれの間に立って、円滑な転職を支援してくれます。

登録したら当日もしくは翌日中には、担当者の方から電話がかかってきて、まずは求職者の現在の話を聞いてくださいます。

 

登録から入社まで一通りのサポート!

一人一人に担当としてつくキャリアアドバイザーによる、登録から入社までの手厚いサポートを受けることが可能です。

  1. 相談、独自案件の案内
  2. 面接練習、履歴書の添削
  3. 面接同行(希望者)
  4. 内定の条件交渉
  5. 入社日の調整

飲食における就業において、不安な面を全般的にサポートしてくれます。

フーズラボ独自で抱えている案件の中から求人票などを読み漁るのではなく、対面で話し合ったキャリアアドバイザーからの提案で職場の案内をしてくださいます。

検索するのではなく、おすすめの案件を紹介してくださるので、「自分にあった職場の探し方がわからない」ということがありません。

圧倒的なフォローにより、求職者の不安を最大限に取り除いてくれるフーズラボ。

数あるエージェントの中でも、間違いなく一番おすすめの飲食転職エージェントです。

飲食店で求人をお探し、転職をお考えの方?
フーズラボ・エージェントが無料で転職をサポート!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です