料理人の給料が安い理由!職場と副業の選び方を1つ紹介する。

料理人のお給料は、昔よりはずっと改善されたものの、まだまだ「安月給」と言われてもおかしくない状態です。

 

なぜ料理人のお給料が安いのか。

この状況の説明と「修行」と言って自分の大切な時間を買い叩かれないための対応策をお伝えします。

 

スポンサーリンク



料理人の給料が安い理由

料理人として働こうとした場合に必要になってくるのが「修行」です。

そして「修行の身でお給料を貰えるだけありがたいと思え」という、昔の考え方はまだまだ飲食業界に蔓延しているのは事実。

飲食の世界は薄利多売も進んでいることで、ブラックな就労体系になりがちなのも事実です。

 

料理人の給料が安いことと修行は関係ない

しかし、ここでひとつしっかりとした認識をしておいてほしいことがあります。

「修行の身だから給料が安い」というのは完全にお門違いな言葉だということ。

一般企業であれど、必ず人材教育にはお金はかかります。

そして、自分の会社に必要なスキルを身に着けてもらうのだから、それは必要な「投資」です。

これが料理の世界になると、修行の身と置き換えられて、見習いの買い叩きが当然のように行われています。

「修行=給料が安い」という古い考え方のお店で働くのは、自分の生活や将来の開業資金を得るためにも避けておいたほうが無難といえるでしょう。

 

料理人がちゃんとした給料を頂くために

本来であれば、全てのお店がそうあるべきなのでが、残念ながら多くの飲食店が調理スタッフにお給料を支払っていないことは事実です。

では、料理人として見習いであってもちゃんとしたお給料を頂ける職場とは、どういったものなのか。

条件は2つあります。

  • 会社(企業)として経営している
  • 転職サイト、エージェントを通して公開で求人を行っている

会社として経営している企業は事業の運営でしっかりと予算を設定しているため、お金に関しての管理がしっかりと行われています。

少なくとも個人店の夫婦や兼務で経理を行っているお店よりは間違いなく「しっかりとした」給料の体制をとっているところが多いです。

また、転職サイトやエージェントに登録しているお店も、同様に求人の項目をしっかりと埋める必要があるので、中途半端に現金手渡しのようなことはできません。

また、求人内容に相違があった場合は今後求職者の紹介をしてもらえなくなる恐れがあるので、嘘を書くこともできないのです。

なにより、求人に対して予算を出せるということは、人材にお金をかける余裕があるということです。

 

適切な給料を頂きながら料理人として成長する為に必要な2つの方法

では、実際にちゃんと給料を頂ける職場で修行する為にはどうすればいいのか。

一番確実なのは、公平な立場の方に仲介に入って頂くことです。

 

飲食専門の転職エージェントを介して職場を見つける

転職エージェントというものをご存知でしょうか?

転職エージェントとは、自分で求人を閲覧する転職サイトとは違い、求職者1人に対して1人の担当キャリアアドバイザーがつきます。求人案件探しから企業側との提案やり取りなどを行ってくれるサービスのこと。
企業側から報酬が支払われるので、求職者の利用は無料のものがほとんどです。

 

なぜ転職エージェントを介す必要があるのか

さきほどもお伝えしたとおりエージェントを介すだけの財源がある&求人要項がしっかりとしています。

転職エージェントを介して求人を紹介してもらう場合は、基本的に求職者の利用は無料です。

つまり、エージェントへの報酬は全て求人(お店)側が負担しているということ。

また、希望を出しにくいお給料の話や就業体系についての話もキャリアアドバイザーを介して伝えることで、はっきりと自分の要望を伝えることができます。

これが仲介を挟まずに、お店と個人の間での話になると給料体系も曖昧になります。

仮に「20万円で」と言われても、そこに年金や保険などが含まれていないケースが多々存在するのです。

 

まともな給料で修行したいなら転職エージェントは絶対

自分の希望した条件の職場で買い叩かれることなく、気持ちよく働く為に転職エージェントを介すことが重要であるとお伝えしました。

その上で数ある転職エージェントの中から、飲食に特化したサービスを紹介させて頂きます。

 

5年先を見越したキャリア支援「フーズラボ」


飲食店・レストランの転職支援はフーズラボ・エージェント
年間1,000名の相談実績からあなたにマッチした求人をご紹介!

「すぐに転職じゃなくても大丈夫。あなたの今と5年先のキャリアを考えた転職支援」を掲げるフーズラボ。

  • 独自レポート(従業員からのインタビュー)
  • 体験入店(キャリアアドバイザーが聞くだけでなく実際にお店で働いて空気感を体感している)
  • 店舗視察/お食事特典

上記ような独自のサービスで、よりリアルな「現場の空気」を伝えることで、求職者と求人側、それぞれの間に立って、円滑な転職を支援してくれます。

登録したら当日もしくは翌日中には、担当者の方から電話がかかってきて、まずは求職者の現在の話を聞いてくださいます。

登録から入社まで一通りを完全サポート!

求職者1人に対して1人の担当キャリアアドバイザーがつき、ヒアリングから提案、面接、入社までの手厚いサポートを受けることが可能です。

  • 相談、独自案件の案内
  • 面接練習、履歴書の添削
  • 面接同行(希望者)
  • 内定の条件交渉
  • 入社日の調整

飲食における就業において、不透明になりがちなお給料や就業環境などの不安な面を全般的にサポートしてくれます。

フーズラボ独自で抱えている案件の中から求人票などを読み漁るのではなく、対面で話し合ったキャリアアドバイザーからの提案で職場を案内。

検索するのではなく、おすすめの案件を紹介してくださるので、「自分にあった職場の探し方がわからない」ということがありません。

圧倒的なフォローにより、求職者の不安を最大限に取り除いてくれるフーズラボ。

間違いなくおすすめの転職エージェントです。

筆者のオススメポイント

  • 相談のしやすさ(焦らなくてもいい)
  • 案件の種類と数の豊富さ
  • 相談から就業までの充実したサポート

 

こんな人にオススメ

料理の仕事をはじめてみたい→大型店舗、個人店、ホテルなど、違いを聞いてから絞っていきたい方

フーズラボについて更に詳しく知りたい方の為の紹介記事もありますので、合わせてご覧ください。

【飲食】料理人になりたいならまずは「フーズラボ」の門を叩け!

 

 

スマホではじめる副業。料理人が料理を作る以外に料理で稼ぐ方法

続いては料理人の副業についてです。

なにも料理人は料理を作ることだけを仕事にする必要はありません。

また、職場からの昇給だけをアテにする必要もありません。

そこでチャレンジしたいのが副業です。

 

実際に料理人で副業をされている方は、レシピを投稿したり、料理の相談に乗るなど、料理のスキルを別の形で活かしています。

料理人の副業に関してはこちらの記事にまとめてありますので、ぜひ参考にしてください。

以下の記事に書いてある内容を要約すると

  • 月に1万円程度の副業収入であれば会社にバレることはない(年間20万円以下)
  • 料理人が収入を得る方法は「料理を作るだけ」ではない
  • 料理人のスキルと知識は料理人自身の想像を超える価値がある

といった内容です。

間違いなく参考になるという自信があるので、ぜひ一度読んでみてください。

【副業】今、スマホで始める。料理人の知識と技術を収入に変える2つの方法

 

全力で料理人の修行に打ち込むためにも「収入」は妥協してはいけない

料理人としての修行をするにも、まずは自分の打ち込む「収入」にはしっかりと目を向けなければいけません。

料理に集中したいのに、生活費が気になってしまったり、勉強に行く料理店の値段を気にしてチャンスを失っていては、成長自体が遅くなります。

また、自分の中に納得できていない不満がある状態で職場に務めるのも、長期的に見て、自分のモチベーションを落とすことになります。

まずは自分が全力で修行に打ち込める環境をしっかりと探すことから料理人になる為の一歩を踏み出しましょう。

The following two tabs change content below.

□□白ごはんさん

元料理人の当サイト案内人。 8年の現場経験を経て副業料理人として活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です