【飲食】料理人になりたいならまずは「フーズラボ」の門を叩け!

料理人になりたいと思ったとき、大きく分けて道は2つあります。

  • 調理師学校に通って調理師免許を取得し、卒業後に務める修行先を紹介してもらう
  • 飲食専門の転職エージェントに登録して、未経験から就業可能な飲食店を紹介してもらう

これまで、当サイトでは「料理人になるために必要なのは資格ではなく経験だ」ということを何度も繰り返しお伝えしてきました。

【未経験・学生】料理人になりたいなら調理師学校は必要ない3つの訳

料理人として料理を仕事にしていくことに関して、資格は必要ありません。

【料理人10人に1人?】調理師免許のメリットは「肩書」のみ

 

こうした説明を踏まえた上でも、やはり「未経験」から料理人になるというのは度胸がいると思います。

「料理人になりたい」

「でも、調理場に立った経験はない」

そんな方にオススメしたいのが、飲食専門の転職エージェント「フーズラボ」です。

実際のエージェントの方からお話をお伺いし、独自のレビューとして「フーズラボ」の特徴を4つまとめました。

  • 長期的なキャリア支援の姿勢
  • 独自レポート
  • 店舗視察案内
  • 最初から最後までの徹底サポート

これらの充実したサービスを提供するエージェントは他にありません。

では、実際に詳しくご説明させて頂きます。

 

スポンサーリンク



飲食特化型転職エージェント「フーズラボ」とは?

フーズラボは「飲食特化型転職エージェント」として、料理人になりたい方や、キャリアアップを目指す方など、様々な環境で「料理」という仕事に就きたい方と、求人を行っている飲食店との間を取り持ってくれるサービスです。

転職エージェントとは、自分で求人を閲覧する転職サイトとは違い、求職者1人に対して1人の担当キャリアアドバイザーがつきます。
求人案件探しから企業側との提案やり取りなどを行ってくれるサービスのこと。
企業側から報酬が支払われるので、求職者の利用は無料のものがほとんどです。

料理人として5年先を見越したキャリア支援

転職、就職のエージェントはもちろん、雇用主に人材を紹介することで成り立っていますが、求職者の5年先を見据えるというコンセプトの元で事業を行うフーズラボは、求職者の将来を見越した提案を行うことを念頭に置いています。

相談者の方の気持ちがまだ転職や就職に向いていないというのであれば、無理に転職をすすめることはない。

この姿勢は、求職者が安心して就業先を選ぶために重要なポイントです。

押し売りされるように転職を勧められると、自分にとって大切なことを見失いかねないので。

 

飲食店の独自レポート&体験入店

これも他のエージェントと大きく差がつくポイントです。

ただの紙面情報ではなく、キャリアアドバイザーが現場にお足を運び、生きた情報を集めて独自にレポートを作成しています。

  • 実際の現場で働いている人への取材
  • キャリアアドバイザーが、耳で聞くだけでなく実際にお店で働いて空気感を体感

求人を出した飲食店へのリサーチの徹底ぶりはフーズラボの大きな強みです。

 

飲食店の店舗視察/お食事特典

希望の就職先が見つかった場合、店舗を実際に視察、お食事に行く際にもサポートを受けられることで、希望就業先のリアルな空気に触れることが可能です。

飲食店の良し悪しや就業環境は紙面で見てもわかりません。

かといって、一度お話を伺いに行ったらなんとなく断りにくくなってしまうのも事実。

そんな求職者とお店側の間を取り持つ役割を果たしてくれます。

 

登録から入社まで一通りのサポート!

一人一人に担当としてつくキャリアアドバイザーによる、登録から入社までの手厚いサポートを受けることが可能です。

  • 相談、独自案件の案内
  • 面接練習、履歴書の添削
  • 面接同行(希望者)
  • 内定の条件交渉
  • 入社日の調整

飲食における就業において、不安な面を全般的にサポート。

検索するのではなく、おすすめの案件を紹介してくださるので「職場の探し方がわからない」と悩む必要がありません。

多くの転職エージェントが存在しますし、それぞれのサービスはとても素晴らしいものですが、今回紹介したように、ぼくがフーズラボを一番おすすめするポイントは求職者目線を徹底した対応です。

登録は簡単、まずは現状を伝えるところから

フーズラボの登録にはややこしいものはありません。

経験の有無や、あれば年数を入力するだけ。

もちろん、これで就業先を探したり、キャリアアドバイスを頂くわけではありません。

あとは実際のキャリアアドバイザーの方が電話をかけてくれるので、そこではじめて、ちゃんとした自分の状況や就業環境をお伝えすることになります。

 

料理人への道は、まず道の種類を「知る」ことから

「料理人になりたい」

そう思ったとき、まず最初にするべきことは、自宅キッチンで料理の練習をすることでも調理師学校に行くことではありません。

もちろんそれらもひとつの「方法」ではありますが、それはゴールを決めずに走り出すようなもの。

まずは自分のなりたい形をハッキリさせる為、その道に踏み込むための道を示すプロにお話を伺う。

調べて、話を伺って、方向性を絞って動き出すことが最短ルートをたどる為の方法。

 

今回紹介した「フーズラボ」は、間違いなくオススメの転職エージェントです。

ぜひ、自分の目的に併せて「相談相手」になってもらいましょう。

The following two tabs change content below.

□□白ごはんさん

元料理人の当サイト案内人。 8年の現場経験を経て副業料理人として活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です