【キッチン用品】100円均一で揃える自炊用便利道具/グッズ40選

調理道具をはじめとした「キッチン用品」。

正直、多すぎると感じることはないでしょうか、、、

 

「〇〇専用皮むき器」など、便利なものを挙げればキリがないほど存在するキッチン用品。

今回は100円均一で買える、そして「これだけは買っておきたい!」というキッチン用品をジャンル別にしてまとめました。

「既に持ってるよ!」って方も「何が必要かわからない」って方もぜひ参考にしてみてください!

 

100均一で揃うキッチン用品40選

まずは調理道具から。

フライパンや鍋などではなく、小物類全般をご紹介します。

 

調理小物

写真は左から順に紹介していきます

f:id:boriesy:20160911144350j:image

木べら

炒め物をまぜるときなどに必要、真ん中に穴が空いたタイプのも売っています。

穴あきのものは材料がくっつきにくいのですが、その分穴に汚れがたまりやすいので、穴が空いてないもののほうが使い勝手がいいかもしれません。

 

ゴムベラ

味噌やサラダなどをボウルや保存容器からこそぎ取りたいものを取るのに便利。

耐熱性でないことがほとんどなので、フライパンなどでの加熱調理には使わないようにしましょう。

 

フライ返し

ムニエルなどの壊れやすいものを持ち上げるときや、おおきめで形が崩れやすいものをひっくり返すときに便利です。

*テフロン加工のフライパンを傷つけないように鉄製のものは避けたほうが無難

 

トング

イメージしやすいのはパスタなどの盛り付けなどかもしれませんが、サラダや煮物なんかにも使えます。1つあるととても便利。

*テフロン加工のフライパンを傷つけないように鉄製のものは避けたほうが無難

 

穴あきおたま

汁物を盛り付ける際に、先に材料を盛り付けてしまうのにつかいます。

 

おたま

丸型とそそぎ口がついているタイプのものがあります。

丸型がひとつあれば汁物はよそえるので十分です。

 

ホイッパー

これもかなり種類があります。写真のものはシュッとしているタイプですが、もっと丸い形のものもあります。

丸いもののほうが、先端に負担が集まりやすく壊れやすいので、シュッとした形のものがオススメ

 

菜箸(さいばし)

いろいろな形のある菜箸ですが、先端の部分に切り込みが入っているものだと、肉などの滑りやすいものもつかみやすいです。

 

f:id:boriesy:20160911144405j:image

こちらの写真は左上から

キッチンタイマー

東急ハンズなどに行けば1000円くらいのものは売っていますが、100均のもので十分です。

電池も半年程度はもつ印象。

 

じょうご

これさえあれば、タレやドレッシングなどを作ったときに空のペットボトルなんかをしまっておけるのでとても重宝します。

洗剤などを詰め替えるのにも便利なので、ぜひひとつもっておきたい道具です。

 

軽量カップ

サイズはいろいろですが、汁物料理の場合は水を大量につかうため、できれば500mlの計量可能なものがオススメです。

 

おとしぶた

アルミホイルなどでも対応できますが、1枚持っておくと便利。

鉄製のものもありますが、洗いやすさなどを考えるとゴム製がつかいやすいです。

 

栓抜き、缶切り、コルク抜き

一家に一台。他で買ったら結構高いので、100円均一のもので十分です。

 

ピーラー

野菜の皮剥きに。ごぼうのささがきなども可能。

キャベツの千切りができたりとかいろんな種類もありますが、あまり種類がありすぎても収納スペースを圧迫するので、オーソドックスなものをひとつ持っておくのがオススメ。

 

軽量スプーン

料理の味付けに関して、大切なのは「感覚」で覚えることではありますが、ドレッシングなど、どうしても「レシピ通り」に作る必要のある料理もあるので、1つは持っておきたい道具です。

 

おろし器

下に受けがあるものを使うことで、そのまま重ねて保管できるので、受けを付属しているものを購入するのがオススメ。

 

f:id:boriesy:20160911155548j:image

左上から。

ステンレスボウル

肉に下味をつけるときなどに使用、ステンレス製は匂いが移りにくい。

 

プラスチックボウル、ザル(大、小)

サラダや米とぎなど、多くの場面で使うことになるので、大小各1セットは揃えておきたいです

 

ステンレストレイ(バット)

各過程の冷蔵庫のサイズによって購入するサイズは変わってきますが、肉や魚を並べたり、フライ用のパン粉をつけたりと、なにかと重宝するので3.4枚はもっておくと便利です。

 

f:id:boriesy:20160911144420j:image

続いて揚げ物関連、左上から。

カスすくい

見切れちゃってますが、穴あきおたまの「網バージョン」です。揚げ物をするのであれば必須道具。

 

ざる(鉄製)

天かすなどを一時的に避けておくために油の保存缶の上にザルを置き、リードペーパーをかませておくことで、油を無駄にすることなく、キレイな状態を保つことができます。

 

油の保存缶

コチラ、100均で置いてあるところがなかなか難しいのですが、揚げ物が終わったあとはそのまま油を写真通りにリードで漉して保存することで、油が再利用できるようになるので、ぜひ持っておきたいところ。

*ホールトマトの缶なんかでも代用可能

で、ここでかなり重要なんですが、油は高い割に、揚げ物をした場合はしっかりカスを漉さないと、1,2回で使えなくなってしまいます。

ゴミと一緒に保存しているようなものなので。

なので、ここは100円均一にある適当な缶で妥協せず、オイルポットを使うことをおすすめします。

パール金属 オイル ポット 1.2L 受皿付 フッ素加工 オーリオ 日本製 H-5070

これが実際に活性炭を通して濾過した油です。

f:id:boriesy:20180420183801j:plain

体感ですが、ちゃんと油を越して使えば3倍は長持ちします。

揚げ物をする場合には400円くらいで買った油を半分くらい使うと思います。

その油を1,2回で使えなくしてしまって捨てるのか、5,6回使えるようにするのか。

オイルポットは一度買ってしまえば繰り返し使えるので、ここには最初だけでもお金をかけたほうがいいです。

1,000円程度のものから、活性炭入りでも3,000円程度で買えるものもあるので是非。

油用ゼラチン

揚げ物に使えなくなってきたような油に調理後、これを入れて冷めるのを待てば、固まってくれます。そのまま可燃物として破棄できるので簡単。

 

トレイ、網

これは2つそれぞれ別売です。ご家庭で揚げる程度の揚げ物ならこのサイズで十分です。

 

消耗品

続いては日々使う消耗品、こちらも100円均一でほぼ揃います。

f:id:boriesy:20160911144438j:image

キッチンパック

ナイロン袋です。野菜などを入れて冷蔵庫に保存。触りやすい加工をしてあるものが売っています。

 

ジップロック

肉や魚、その他料理したものを空気を抜いて冷凍保存するときに使用。日付なども書けるので便利

 

アルミホイル

ホイル焼きや落し蓋の代用、できるだけ幅の大きいものがオススメ

 

クッキングペーパー

レンジやオーブンなどの調理にかなり便利。

また、フライパンに敷いて味付き焼き肉などを炒めたら汚れにくかったりもします。

1本は持っておきたいです。

 

ラップ

こちらもアルミホイル同様、できるだけ幅の広いものがオススメ

 

衛生関連

f:id:boriesy:20160911144450j:image

左上から

キッチンタオル(リードペーパー)

揚げ物の油を切ったり、食材の水気を吸収するのに必須。

ティッシュのように折りたたんでいるタイプもあるが、サイズが小さいので、ロールタイプがオススメ

 

除菌ウェットティッシュ

キッチンをサッと拭くときやテーブルを拭くときに便利

 

重曹スプレー

電子レンジやシンク、キッチンが汚れてきたとき用。

除菌ティッシュと併せて使うことで、掃除が楽に終わります。

 

アルコール除菌スプレー&ペーパータオル

f:id:boriesy:20160911144500j:image

今回の記事で一番紹介したかったのが、こちらの2点です。

家で、濡らして絞った雑巾使ってテーブルとか拭いていませんか?

それは、本当に衛生的じゃありません。

アルコールスプレーをテーブルに吹きかけて、ペーパータオルで拭き取ってそのまま捨てちゃってください。

洗い物に関しても一緒です。ふきんを使うのではなく、洗い物の水気がある程度切れたら軽くペーパーを使って拭き取ってそのまま型付けましょう。

ちなみに筆者は100均のものではなくまとめ買いをしてかなり安く済ませています。

また、キッチンにホルダーを取り付けてティッシュ感覚で使える状態に。

f:id:boriesy:20160911161841j:image

キッチンから話は逸れますが、洗面所やトイレにあるタオルに関しても一緒です。

 

むしろ湿気がこもりやすい場所に人の手や顔を拭いたタオルをそのままぶらさげておくのは衛生的とはいえません。

思い切った切り替えになるかもしれませんが、ペーパータオルを使うことが当たり前の生活に切り替えることを強くオススメします。

100均のペーパータオルは1P150枚入りなので、1枚0.75円。

これで一度試してみて、これからペーパータオルに切り替えようと思えた方にはコチラおすすめです。

2000円以上の購入であれば5パックで543円。1P200枚入りなので1枚ほぼ0.5円の計算になります。

なお、これが最安値ではありますが、紙がかなり固いです。

 

最終的にたどり着いたのがコチラ。

これは紙質が良く、その中でも安価だったため、現在はコチラを使用しています。

200枚入り×5Pで1,230円なので、実質1枚1.2円ほど。

また、写真のようにドアに提げることのできるホルダーがコチラ

これがあれば今までドアにタオルを提げていた環境をそのままペーパータオルに切り替えることが可能になります。

またティッシュと同じようなサイズなので、これまでティッシュケースとして使ってきたものがあればキッチンペーパーのケースとして代用できます。

 

100円均一は神。

この商品たちをホームセンターとかで揃えようとしたら間違いなく2万円を超えてきます。100均で抑えられるものはたくさんあるので、ぜひ買い物時の参考にしてみてください!